その他

次亜塩素酸水溶液で家庭の健康を守る

次亜塩素酸水溶液の強烈なファンからのコメントをご紹介したいとおもいます!

Wahw社長の同郷Mさん

次亜塩素酸と初めて出会ったのは今を遡ること15年、当時は次亜塩素酸について何も知らなかった私ですが、悪臭が消えてしまうことに驚いたことを覚えています。以来、次亜塩素酸水溶液を常用するようになり数々の驚くような体験をしたのでいくつか紹介したいと思います。

①新型インフルエンザが流行った2009年

この年の新型インフルエンザでは罹患された方も多く、我が家も例外ではありませんでした。子供が小学校で感染し、医者からは新型インフルエンザの通告がありました。その当時親子ともども川の字で同じ部屋に寝ていたのだが、無化器をガンガンに焚いて次亜塩素酸水溶液の霧を出していたので、症状も軽く感染者は子供ひとりだけで済みました。

②数年後の、ロタウイルス感染性胃腸炎のこと

2013年頃、一番下の子供が保育園からもらってきたのがロタウイルスでした!病院で診てもらうと、これはノロウイルスよりも怖いとのことで小児の死亡者数が多く感染力が非常に強いので注意するようにときつく言われました。主症状としては下痢、吐気、嘔吐、発熱、腹痛と言うので、心配しました。この時も親子そろって同じ部屋に寝ていましたが、上の子のときと同じく当然のように霧化器をガンガン焚いていましたので重症化することはありませんでした。他の家族への感染もなかったので、安心しました。

③家庭内のあらゆるところで大活躍する次亜塩素酸水溶液

これらの経験を経てMさんは、すでに自宅の様々なところで次亜塩素酸水溶液を活用しています。リビングや寝室、子ども部屋をはじめ、台所、トイレ、洗面所等で、霧化器やスプレーボトルが大活躍です!今では多くの知り合いに次亜塩素酸水溶液の使い方のアドバイスをして、頼りにされているそうです。